一晩でキャラクターが広まっていった話

rectangle_large_a4262db7406ad0687e46ebd94afbf6e9

※note「U29デザイナーのまちおこし」「猫の手も借りてる地域デザインのメモ帳」から記事を移動しました。

キャラクターが広まったことは全てはご縁だなんて、そんなスピリチュアルめいたことは柄にもないので言いたくはないけどご縁だったわけで。
第四回は縁の話をしようと思う。

物語は、丸一日ぽっかりあいた平日に

誕生日は自分の祝日だと決めていて、可能な限り休みをとっている。
そんな誕生日はあろうことか週の中日で、一人過ごすことが決定してしまった。
せっかく時間ができたのだから2012年に形だけ作っていた「たかみにゃん石」に、もともと構想を練っていた「どいしゃむ位」をつけてリリースしようと筆ならぬペンタブをとった。
その辺の経緯についてはブログに記載してあるのでそちらをどうぞ。
————————
誕生日に旦那が帰ってこないので情熱を注いでゆるキャラを作ってみた
http://blog.kodachi369.net/?p=1688
————————

どうにか誕生日中にリリースしようと思っていた私は、夜の間にギリギリ滑り込みセーフ。
webデザイナーとは思えぬ体裁のサイトをtwitterに流したのだった。

歴史クラスタのインフルエンサー

インフルエンサーというワードをご存知だろうか。
いわゆる情報を拡散する力のある人のことで、web用語の一つである。
情報が一気に拡散されるキッカケになることが多く、情報拡散においてインフルエンサーを捕まえられるかどうかが大事なのである。
リリース作業後、一息ついていたときに1つのRT通知がくる。歴史界隈の巨大メディア、「歴史雑談録さん(@rekishizatsudan)」がツイート&RTをしてくださったのだ。
これはたまたま歴史雑談録さんが拾ってくれたことで、拡散されるが風の如し!RTのお知らせ、山の如し!あれよあれよと拡散。
恐ろしや歴史雑談録、素晴らしや歴史雑談録。

そしてついに茨城の最西端、茨城の古河市の人に届くのである。

そして応援のメッセージすら届き始めた

歴史雑談録は戦国時代でいうなら本多忠勝か。
こがにゃんこの情報はtwitterの文字の海を駆け抜けた。そしてついには総合計が200RTを超えたあたりから古河の方から応援のメッセージすら届き始めたのである。

土井利位と鷹見泉石。正直、歴史ファンの中ではマイナーな2人だ。
私は好きで好きでキャラクターを作ったが、マイナー偉人ゆえの反応の薄さは覚悟していた。
しかし、歴史雑談録さんという猛将アカウントにRTしてもらった結果、情報が疾風のごとく駆け抜けた。
ちなみに歴史雑談録さんは個人的に非常にお世話になってる方であるが、出会いもヒョンなことだし、こがにゃんこのリリースだって連絡する前に拾ってくれた。神よ!
こがにゃんこの初速は完全に縁で構成されていて、この事件は非常にうれしかった。

今年のプレゼントの数は、山の如し。
そう。リリース日は私の誕生日。



イラスト、キャラクター開発、講演、茨城や歴史に関するお仕事を受け付けております。
まずは「お仕事の依頼」よりご連絡ください。