初詣は雀神社

2011年を迎え、古河の雀神社に初詣へ。
古河といえば日本三大観音に数えられる長谷寺もあり、その他にも神社やお寺の多い地域。
街全体がパワースポットかと思うくらいの地域なのです。

その中でも雀神社は以下の様な伝承がある。

================================
創建年代については不詳であるが、社伝によれば、崇神天皇の御代に豊城入彦命が東国鎮護のために勧請した「鎮社(しずめのやしろ)」に始まるとされる。
また別の伝承では、貞観年間(859年~877年)に出雲国出雲大社の分霊を祀ったのに始まるともされる。

(wikipediaより抜粋)
================================

はっきりと分かってはいないものの、とても素敵でミステリアスな伝承。
古河公方の時代も、土井家が治めた古河藩も見てきた雀神社。
月日を感じる、木造の本殿は情緒あります!

初詣という事で、おみくじをひいてきました。

本当におみくじって背筋がピンとなる。
思い当たる節が多くて驚いた。

今回は雀神社の木におみくじを結んで、一年の願掛け。
今年一年、素敵な年になります様にと。
悠久の時を見てきた雀神社にお願いをしてきたのです。