イラストレーターになるために積み上げるべき3つのアレの話

好きな絵だけで生きていきたい。誰しもが一度は夢見るのではないでしょうか。
イラストレーターを夢みる人は多く、相談を受けることが多々あります。

私、小太刀御禄の場合はイラストレーターのほかにUIやUXのデザイン、キャラクターデザイン、キャラクタープロデューサーと「クリエイティブ」を中心に仕事を形成しています。
イラストは仕事のほんの一部だったり、プロダクトの中で必要に応じてアウトプットしているのが現状です。

イラスト一本で食っているイラストレーターと違いますが、イラストで仕事をしている者としてイラストレーターになるために積み上げるべきものを書いていこうと思います。

作品を積み上げる

これがイラストレーターを含む、クリエイターの基本だと思います。
作品はアウトプットであり、活動の基本です。
それにどんな絵を描くか分からなければ仕事も来ないでしょう。

イラストレーターの先輩からもらった言葉で、大好きな言葉に「描き続けるのが成功する近道」があります。
描かないと次に繋がらない、描かないと腕が錆び付く。
いつか、イラストレーターとして一人前になるまで作品を積み上げ、腕を磨き続けるのが大事です。

発信を積み上げる

さてはて、絵を描いても引き出しにしまっていたら誰もあなたの作品を見てくれません。
誰にも絵を見せないということは、だれにも「イラストレーターのあなた」をみつけてもらえません。
作品を積み上げたら次は発信を積み上げましょう。
とにかくあなたの作品を発信し、見てもらうこと、イラストレーターであると知ってもらうことが重要です。

近所にギャラリーや画廊がない場合もあると思いますが、今はインターネット社会。
ネットで作品を発信し、ポートフォリオにまとめていくのも効果的です。

情報発信は1回だけではいけません。何回も、粘り強く。
作品ができたら発信を繰り返していきましょう。そうすることで、イラストレーターのあなたを知る人が増えていきます。

実績を積み上げる

この世界にはイラストレーターが星の数ほどいます。
イラストレーターには資格はないので、名乗ったその日からイラストレーターです。
ネットの普及によってイラストの仕事は増えましたが、本業として食っていけるイラストレーターは一握りなのが現状でもあります。

多くの場合は、ライバルたちと仕事を取り合うことになります。
もちろん、ライバルたちの少ない分野を見つけたり、差別化することもできますが、またそれは別の話。

さて、ライバルたちと仕事をとりあうとはどういうことでしょう。
それはクライアントからはつねに天秤にかけられるということ。
クライアントは複数のイラストレーター(のポートフォリオ)を並べ、「誰に発注をするか」という天秤をかけています。
ここで発注をもらうには積み上げてきた作品をまとめたポートフォリオのほかに、実績が重要になります。

実績とは、賞歴は今までやってきた仕事履歴。
賞歴は業界でのポジションを示し、仕事履歴はやりきってきた仕事を公表することで「仕事として絵を描く力がある」と認識してもらえます。
駆け出しも駆け出しの場合は、一発目の仕事を得ることが難しいですよね?
その時はギャラリーや企画展などの展示履歴や、賞歴などを積み上げていくのが有効な手段の1つです。
実績で伝えるのは「仕事として絵を描く力がある」ということ。
実績といえるものを1つ1つ積み上げて、一人前のイラストレーターの足がかりを手に入れましょう。

というわけで、素敵なコンペがありますよ


2025年大阪万博誘致に向けて、若者からの声をあげ、自ら主体となって創り上げるプラットフォーム、WAKAZO.ONLINE(https://wakazo-online.com/)のSENPAIに就任しました。
そしてEXPO イラストコンペの審査員を担当します。
このコンペは2017/11/23(日)時点で30歳以下であれば誰でも参加ができる若者向けのコンペです。
イラストレーターになりたいけど、一歩を踏み出せていない、また一歩から二歩三歩と踏み出したいみなさん。
コンペに挑戦してみませんか?

テーマはパビリオンのマスコットキャラクター「近未来からきた〇〇大使」
若者向けというくくりは大きなチャンスです!若者のフレッシュな才能同士がぶつかり合う場ですから。
ぜひこのチャンスにトライしてみてくださいね!


■詳しくはこちら!EXPOイラストコンペ詳細https://wakazo-online.com/categories/illust/