お手伝い参加したAndroidアプリ/夢と魔法の待ち時間リリース

Androidアプリを開発しているTaroid(http://www.taroid.com/)。
デザインのお手伝いをしたAndroidアプリ“夢と魔法の待ち時間”がリリースされましたー。
どうぞごひいきに。

夢と魔法の待ち時間

某夢と魔法の国のアトラクションの待ち時間検索アプリです。
デートに、冒険に、アフター6に!
きっと素敵なお供になってくれるはず。

===============================
言語:日本語
価格:無料

アンドロイドマーケットの検索ワード:夢と魔法の待ち時間
===============================

DL用UR:
https://market.android.com/details?id=com.taroid.parkwaittimegetter

 

デザイン参加といっても、TOPデザインを少々てこ入れした感じ。
海を選択している時は青い背景。
陸を選択している時はピンクの背景。
そんな感じで“ちょっと変化するだけで使いやすくなる”をテーマにデザイン&UIをちょこっと提案。

元のデザインラフはこちら↓

ツールアプリとしてはOKだと思うけど、味気ないかなー…
陸と海でアトラクションも違うし、移動中に検索するなら一発でどちらの国を選んでいるか判断できるようにしたい。
かつ、押し間違いを無くしたい。

というわけで、TOPデザインはこんな感じに。

開発者の方で扱いやすいように、グリッドデザインを採用。
ボタンの位置も若干調整。シンプルを心がけて作ってあります。
実際リリース時は開発の方でアニメを入れたり、必要に応じてアイコンを追加したりしていました。

完成したアプリのキャプチャ

どんどん追加実装を入れているみたいで、次に見た時は画面が変わっているかも!?笑。

アプリ内用に用意した素材は

・ロゴデザイン
・背景2色(青・ピンク)
・背景デコ用素材2枚(光・フッター部分の雲)

合計5枚の素材を入れ込むだけで見た目と使い勝手が変わってくる。
(デザインを利用すればUI設計も自由度が増しますよー)

個人アプリ開発だと、特に後手後手になってしまうデザイン関係。
少し入れ込むだけでも大分変わるのでデザインに凝ってみては如何でしょーか。

なんてデザイナー視点。