誇り高きデザイン 鍋島

nabeshima

水花火を見る前にミッドタウンにあるサントリー美術館の展示を見てきました♪

誇り高きデザイン 鍋島
http://www.suntory.co.jp/sma/exhibition/10vol03/index.html

鍋島焼きとは、佐賀藩(鍋島藩)の高級陶器。
その洗練されたデザインと、配色は今も尚衰えない美術品達。
同じ佐賀藩の支配下だった肥前国有田・伊万里の影響を受けた作品もあり、デザイン発想が柔軟に感動しました。
独自性を求めながらも、良いものはどんどん取り入れる。
そんな鍋島の姿勢が伺えます。

献上品など縁起物のデザインが多く見られ、ひょうたんがリズミカルに描かれているのが印象的。
盛りつけ部分の下に綺麗に絵付けされた皿は、食べた後の皿の姿で人々を楽しませたのでしょう。
蜘蛛の巣ですら美しい陶器のデザインにしてしまう鍋島焼き。
陶器には疎かったのですが、興味をそそられる展示でした。

やはり、日本文化って素敵ですね。



イラスト、キャラクター開発、講演、茨城や歴史に関するお仕事を受け付けております。
まずは「お仕事の依頼」よりご連絡ください。

nabeshima