motionBEATを退職します-ベンチャーで働いたらwebが好きになった-

2012年11月末をもちましてmotionBEATを退職します。最終出社は11/12ですが、SNSでたてた送別会のイベントで社内バレしたので全体公開としてブログに書く事にしました。

2007年に私がインターン入社した時はngi mobileという会社名でした。

そう、私はngi mobile⇒フラクタリスト⇒ngigroup⇒motionBEATと転職なしに4つの会社を経験した事になります。
このブログで会社名を出すのははじめてです。
今回のエントリーはそんな私の5年間のIT戦記です。

まず初めに結論から。

  • ・2012年11月末をもちましてmotionBEATを退職します。
  • ・退職理由は3年後、5年後、10年後の自分を考えた時に現時点でステップアップしたいと考えたから。
  • ・退職のきっかけは冒頭にある写真です。
  • ・当面はフリーのデザイナーをしながら目標を達成していきます。

以下、今までの事を書いてあります。
長編ブログとなりますが、最後のあいさつまで読んでもらえると幸いです。

■2007年、webデザイナーの始まり

当時はグラフィックデザイナーとwebデザイナーの両方で就職活動をしていました。
特にwebが好きだったわけでもなく、ただ少し作れるという理由でwebデザイナーを探していました。
今思うと作れるってレベルではなく突貫工事もいいところでした。
ご縁があってngi mobileに入社。インターン1日目で当時の部長から会社と事業の説明を受け、最後に衝撃の一言をもらいます。

『そしてこの会社がフラクタリストを合併します』

衝撃です。
webナニソレ、ITナニソレの私には衝撃の展開でした。
合併って、何を言っているの。

『もう一回説明をお願いします』

こう聞き返したのはいい思い出です。
その後、まさかの業務引き継ぎ&デザイナー一人の驚愕体制。
当時はどうしていいか分からずに『とにかく意見を言おう』『とにかく作ろう』を自分のルールにしていた事を覚えています。

生意気な意見をとにかく聞いてくれた先輩方には感謝しております。
モノ言うデザイナーの基礎を作ってくれたのはこの時期です。

 

■デザイナーとしてやった事。

  • ・メディアデザイナー(ピクスタ、チュミミンシリーズ、絵文字便貯金箱、睡眠ラボ、初期AD-STA担当)
  • ・広告事業ディレクター、デザイナー(ゲーム広告、書籍広告など)
  • ・motionBEAT社名変更に伴うコーポレートサイト、名刺デザインなどのコーポレートデザイン
  • ・プロダクトアウト型開発部署、motionBEATラボ部にて企画&デザイナー

経緯とか書くと長くなるのでざっとこんな感じ。
途中デザイナーチームが大きくなったり、営業部で営業同行をさせてもらったり。
本当にさまざまな経験ができました。

特に営業同行は大変勉強になり感動の連続だった事を覚えています。
異業種の営業さんの隣でビジネスを肌で感じるいい機会を与えてくれた当時の部長や同僚の皆さまには大変感謝しております。
私のビジネスに対する価値観が大きく変わりました。外に出よう、異業種に触れよう、そう思い始めたのはこの時期から加速します。

この前後で個人的にAndroidアプリ髭タッチ関羽をリリース。
積極的に勉強会に参加しLTなども参加発信するようになります。
合わせてソーシャルメディアの活用方法や今ではセルフブランディングという言葉で浸透していますが
ブランディングやマーケティングについて強く考えるようになりました。

そして私の中で一番大きかったのは最後に配属になったラボという部署。
企画からサイトデザインまで一括に行う部署はメディア時代の経験、広告時代のマーケティングなど色々な知識が必要となりました。
とにかく情報を吸収する事に注力する毎日。

クリエイティブ×情報発信×ユーザーなど、プロダクトに関する掛け算を日々考え“プロダクトって何?”を自問自答していました。
作るだけではダメで、マーケティングから情報発信まで一貫して考えていました。これは今でも考え研究の毎日です。

残念ながらヒットメディアを作る事はできませんでしたが、自分の大きなスキルという宝になってくれたと思います。

これもベンチャー企業という個を大事にしてくれる状況下にあったからだと思います。
気が付いたらwebもガジェットもメディアも全て好きになってました。

『一番好きな事は何ですか?』と聞かれれば『メディアの企画、制作、マーケティングです。』と答えます。
友人にもwebの制作に関わる事なら何でもやるね、軍師だね。と言われました。5年間やって少しは軍師に近付けたでしょうか?

 

■クリエイターとしてここ最近想っていた事

ここ数年(2、3年くらいかな?)は歴史好きも相まってさまざまな場所に旅行をしました。
毎年行く鹿児島では鹿児島市内、桜島、指宿、日置(伊集院)。
福岡、高知、香川、名古屋、静岡(浜松)、広島。

どれもこれもお城があるところですね!
(地元の関東は抜いていますが、宇都宮や鎌倉などいろんな史跡に行っています。合わせていろんな美術館も巡ったり、地元も再発掘してます。)

東京で生まれ育った私は関東の文化で生きています。
そんな私からすると日本全国各地の美術品、文化、人は同じ日本でもとても興味深く新鮮なものばかりでした。

鹿児島の桜島に自転車で上陸して祖母から聞いていた戦争の傷跡を生で見た事。
広島の宮島が包み込むように大きかった事。
高知の桂浜の波の動きが不思議な線を描いていた事。
香川は本当にうどん県だった事。

他にも色々なものを見ました。
そこで私は思ったのです。

『私は何も知らないまま物を作っていたんだな』

これはクリエイターとして大きなショックで、本やインターネットで補完できない事と自分の引き出しの少なさを痛感しました。
そして大きな転機が今年の9月におとずれます。
生まれて初めて海外旅行に行ったのです。

調べに調べて決めたのはオーストラリア。まさかの一人旅。
もっと言うと私の英語は中学英語レベル。悩んでいてもしょうがない飛び出そう。
言葉が通じなければ絵を書けば良いと思って飛び出しました。
海、コアラ、英語が目的でした。

色も音も匂いも全て違う世界は更なる衝撃でした。(冒頭は初日に見たケアンズのビーチです。)
どこを見ても見たことのないものばかりで、インターネットで行った下調べなど何の意味もなさなかったくらいの衝撃でした。
海の色も鳥の声も違う。
オーストラリアのアーティストが作ったものは日本人アーティストと根本的に色も違う。発する力のベクトルも違う。
言語も違うからとにかく“伝える”という事に試行錯誤しました。
そこでまた思うのです。

『私は本当に何も知らないまま物を作っていたんだな』

四半世紀そこそこしか生きていないクリエイターの引き出しなど微々たるものだと。
そこから作り出されるものは何と浅はかなのだろうと。
スキルを超えて根本的な部分に衝撃を受けたのです。

それと同時に今の働き方、今の状況で色々なものを吸収できるか?という疑問もわいていました。

 

■ずっと仕事について考えていた答えがでてきた

仕事について考えるようになったのは学生時代。
東京から鹿児島に移住をした大寺 聡さんというイラストレーターを知ってから想いは加速しました。

母方の実家がある鹿児島が大好きだった私は生活の半分を鹿児島拠点にしたいと考えるほどで
東京から鹿児島に移住し、鹿児島から日本全国と仕事をする大寺 聡さんは私の夢でした。
(半分拠点なのは出身地の東京や現在の住まいがある北関東(父方の実家は栃木)も好きだから)

地方での就職も検討したのですが、地方の給与事情はとても厳しいもので。
私の出した結論が東京での就職と年2回の鹿児島行きでした。

近年はノマドやクラウドソーシングという単語が出始めました。
ここでさらに色々と考えるのです。
これからは私はどうしていきたいのだろうと。ワークスタイルや自分の引き出しについてたくさん自問自答しました。

そうすると、自然と数年後の自分が目指す姿が出てきました。

 

■人生はメディア、生きざまはコンテンツ

私の座右の銘は?と聞かれたらこう答えます『人生はメディア、生きざまはコンテンツ』

今の生きざまってコンテンツとして面白い?と聞かれれば自分的にはNOでした。
もっと面白くできる。もっとできる事があるという意味でのNO。
3年後、5年後、10年後…自分が望んでいる姿になれる?と聞かれればNOでした。

そこに弊社合併の連絡が入り、ふと…本当にふと頭に単語がよぎるのです。

『退職しよう』

別に嫌な事があったとか、不満があったと言えばそうではありません。
正直、若干の音楽性の違い的なものはありました。でも、本当にふと思ったのです。

色々なものを見よう、吸収しよう、もっと作ろう、学ぼう。
そんな単語が退職という単語の後に連なってきました。

 

■という事で退職します。

退職理由をカッコよくいえば『会社の作る未来ではなく、自分の作る未来を見たくなった』というところでしょうか。
3年後、5年後、10年後…自分というメディアがさらに面白いものにできるように気張りたいと思います。

コンテンツを追加できるのも、充実させられるのも全ては自分自身です。

 

■これから。

まずは免許をとります。車です。
霧島温泉に島津斉彬が入った温泉に行こうと思ったら車が必要だと鹿児島の人に説明されて悔しかった。
という冗談は置いておいて車の免許をとります。自分の行動範囲を広げるために。
実際問題免許がない事で困った事も多かったので、私のライフスタイルには免許が必要だと思いました。

行こうと思っていた場所に行きます。
大阪、金沢、海外。行きたい場所はたくさんあります。見たことないものもたくさんあります。
免許取得の合間に自分の引き出しを充実したいと思っています。

この間、フリーランスデザイナーをします。
実は学生時代から少しずつお仕事をいただいていました。
なので完全に無職という訳ではなく、お仕事は個人で行っていきます。

=====================
イラストのポートフォリオ⇒http://kodachi369.net/
デザイナーのポートフォリオ(現在準備中。リンク先はランサーズです)⇒http://www.lancers.jp/profile/shino0000
=====================

実は片道2時間、往復4時間という通勤を5年近く続けていました。
溜池山王オフィスの時はもう少し近かったかな?なので時間的な制約でできなかった事が多々あります。
退職と同時に免許含め、資格取得、御禄としての個人活動の充実などやりたかった事を全てやろうと思っています。

もちろん鹿児島には年に数回行く予定です。これはもうライフワークなので。
鹿児島のみなさまからのお仕事も受付中です。
ここまで来ると旅人デザイナーです。得意分野は作る事を超えたデザインワーク。むしろwebの事ならお任せあれ。
そんな感じでやっていこうと思っています。

 

■さいごに

公私ともにさまざまな人に支えられた5年間でした。
みなさま、本当にありがとうございます。

デザイナーの枠を超えて企画やマーケティングまで行えた事は非常に勉強になりました。
これは個を重視してくれたベンチャーでないと体験できなかったと思います。

今後とも精進してまいりますので、みなさまよろしくお願いします!

 

■よくある質問

Q.ラボで一緒だった@hisaju01氏も退職するのですが、一緒に起業するのですか?
A.しません。
これはよく聞かれましたが一緒に起業しません。

 

Q.なぜ長距離通勤を続けたのですか?一人暮らしをしないのですか?
A.現在の地元が最強だから。
これもよく聞かれたのですが、城跡もあって武家屋敷もある。
歴史的に重要なものも近所の博物館にある。
東京にも行けるし、おしゃれなカフェも雑貨屋もある。地元なので友人もいる。
家を出る理由がありませんでした。都心部に同条件な場所があれば移住します。
因みに山城より近代城郭派です。

 

Q.転職はしないのですか?
A.同僚に囲まれた会社員はとても楽しかったです。そしてまだまだ勉強することもあると思っています。
なので、また会社に属する事も考えています。