上村松園展/東京国立近代美術館

uemurasyouen

先日、駅構内の看板で気になっていた上村松園展を観に東京国立近代美術館へ行ってきました。

 

 

 

 

 

画像はチケットと美術館で購入したポストカード。

画像で分かります様に、ポストカードを5枚も購入してしまいました。
いや、画集買っておけば良かったな、、、、と若干の後悔。

上村松園は明治から昭和初期の日本画家なのですが、時代を感じる良い作品の数々。
“息をのむ”とはまさにこの事かと痛感しながら一枚一枚拝見しました。
まるで、時間を切り取った様な作品の数々は時間をそのまま日本画にした様。
美しくもあり、空想的であり、それでいて写実的であり。

それもこれも、作品に挑む前から様々な角度でスケッチされたクロッキーあってこそなのでしょう。
今回の展示は今でいう“クロッキー”が展示されていました。
画家のクロッキーは中々見れないので、とても興味深いものでした。
(私も見習わなくては!)

一つの作品を作り上げるのに、取材とスケッチを重ねた松園の作品は制作過程から心に響くものがあり、作品にかける情熱を感じ取る事が出来る展示でした。
東京での展示は2010年9月7日(火)~10月17日(日)、京都での展示は2010年11月2日(火)~12月12日(日) だそうです。
是非行かれてはどうでしょうか?

—————————–
【上村松園展】
http://shoen.exhn.jp/

▼東京展
2010年9月7日(火)~10月17日(日)
東京国立近代美術館

▼京都展
2010年11月2日(火)~12月12日(日)
京都国立近代美術館(岡崎公園内)
—————————–



イラスト、キャラクター開発、講演、茨城や歴史に関するお仕事を受け付けております。
まずは「お仕事の依頼」よりご連絡ください。

uemurasyouen